使える英語表現

すぐに使える!お願いするときの英語【バイリンガル主婦の使える英語表現】

更新日:

「誰かに何かをお願いする」はコミュニケーションの基本ですよね。英語でお願いすると思うと少し緊張するかも知れませんが、意思が伝わった時の嬉しさは格別!

バイリンガル主婦★アンナ
簡単なフレーズを覚えてどんどん使ってみましょうね。

カジュアルなお願いの仕方

英語で「お願い」といえばまず思い浮かぶ単語は“Please”ではないでしょうか?

確かにこの言葉を加えるだけで単純なお願いを可能にすることができます。

例えば、お店で商品を頼むとき、商品を指しながら一言:

This, please? これ、お願い(します)。

たったこれだけのフレーズで「これください」というお願いができます。

学校で教わった“Can you~”“Will you~”も基本的なお願いのフレーズです。

Can you pass me the salt? 塩を取ってくれる?

Will you keep my cat while I’m away? 私が留守の間、猫を預かってくれる?

この時、文末にpleaseを加えることで念を押したり再確認する効果があります。

Can you give me a glass, please? グラスくれる?お願い。

Will you save me a seat, please? 席とっておいてくれる?いい?

丁寧なお願いの仕方

カジュアルな場合の言い回しを“Could you~”“Would you~”とするだけで丁寧さがアップしフォーマルな場面にも対応することができます。

Could you show me the way to the station? 駅への行き方を教えてくれますか?

Would you go to the store? お店に行ってもらえますか?

また、“ please”を利用したお願いはきちんとした場面でも有効です。

Attention, please. お聞き(ご注目)ください。

このフレーズは空港などで耳にしますね。多数の人を相手にする場合にピッタリのシンプルで丁寧なお願いの表現です。

Your room number, please? 部屋番号を教えて頂けますか?

初対面の人に何かを具体的に頼むときは単純なフレーズにpleaseをつけることで依頼が伝わりやすくなります。

また、自分が何かをするために相手に何かを求めたいときがあります。そのような場合は“May I”で会話を始めると丁寧な印象を与えます。

May I have your address, please? ご住所を教えて頂けますか?

May I come in? 入ってもよろしいでしょうか?

お願いする場合に覚えておくと便利なフレーズ

お店で店員に何かを頼む場合など、自然な流れでのお願いはCan(Could) you
~やWill (you)~など直接依頼するので十分です。

けれど友人にお願いをきりだしたり、他人でも特別な配慮が必要な場合には適切な言い回しがあります。

Can I ask you a favor? お願いしてもいいですか?

お願いする内容を伝える前に使うと意思の疎通がスムーズです。

Do you mind if switch off the light? 電気消したらダメでしょうか?

“Do you mind”「嫌だったりする?」の部分で相手の気持ちを配慮していることがポイントです。「申し訳ないですが~していいですか?」というニュアンスにもなり、相手は断りづらくなります。

この聞き方に対しては

No, go ahead. 構いません、どうぞ

など、Noで始まるのが求める答えであることに注意しましょう。

お願いするときの英語、いかがでしたか?

” Can I ask you a favor?”は難しく感じるかも知れませんが、覚えてしまうととても便利です。

まずこの一言で相手に「お願いがある」ということをハッキリ伝えると、心づもりができ、その後をしっかり聞いてもらえます。 内容がちゃんと伝わるか不安なお願いの時には特におススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
anna

アンナ

アメリカで小学生時代を過ごし、イギリスの高校を卒業。日本の大学を卒業した後、イギリスの大学院に進みました。現在は2児のママ。自宅で翻訳や英語教材の編集に携わっています。

-使える英語表現

Copyright© やり直し英語ラボ , 2019 All Rights Reserved.