英会話

「英会話に役立つ勉強方法はあるの??」毎日の学習に口頭英作文を取り入れてみよう!

更新日:

英会話は相手がいないと成り立たないですよね。それに、仕事や金銭的な理由でなかなか英会話レッスンを受けられないという場合もあります。英会話を独学で勉強する方法があればいいのに・・・と思いますよね。

実は、あるんです。

その前にまずは英語を話すうえで必要なこと、それは、「英語力」「慣れ」「瞬発力」の3つだと考えます。

英会話に必要な「英語力」

英語を話すのにはもちろん英語力が必要です。単語も知らなければ話せないし、文法力も必要になります。
単語を暗記したり文法の勉強をしたりと地道にやってきたことが英語を話すときに役立つのです。
まずは1冊単語帳を最後まで暗記してみましょう!

英会話に必要な「慣れ」

「慣れ」というのは、

  1. 英語を話すこと自体に慣れる
  2. 口が慣れる

の2つの意味があります。

最初は英語を話すのが恥ずかしいと思っていても、話すことを繰り返しているうちに次第に慣れてきてリラックスして話せるようになってきます。そうなると余裕を持って自分の引き出しを活かせるようになります。

「口が慣れる」というのは、口が英語モードになるということです。ある程度話せる人間でも、ずっと英語を話してないと口が錆びてきてうまく話せなくなります。でも話しているうちに口が慣れてきて英語がスムーズに出てくるようになるんです。

なので、口を英語モードにするべく、たくさん英語を口に出すことが大事です。英会話のためにも音読は効果的だと思います。

英会話に必要な「瞬発力」

英会話での瞬発力というのは、英語を瞬時に口に出す力のことです。

英会話は相手があってのものなので、思ったことをすぐに口に出して言わなければ会話が成り立たなくなってしまいます。

英語を瞬時に口に出せるようになるには、英文を瞬時に組み立てる力が必要です。

英会話を独学で学ぶ方法とは?

実は、これら3つ、英語力、慣れ、瞬発力はすべて一人で鍛えることができるんです。

「英語力」、つまり文法やボキャブラリーは机上での勉強が可能ですよね。

そして「慣れ」と「瞬発力」は英文を即座に作り出す構成力を鍛えるのが一番の近道なんです。

日本人が英語を話せないのは、この英文を瞬時に構成する力が足りないから。

英語を読むのと違い、相手の人がいる英会話では辞書を引いて調べて1文を作るのに5分もかかっていたら会話になりませんよね。

即座に英文を作り出す力を鍛えるのにおすすめなのが口頭英作文です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)


「英語が話せるようになりたい」と相談を受けると私がいつもおすすめしている教材です。(実は私自身もやってますw)

すごくいい教材なんですが、難点はなかなか続けられないこと・・・アドバイスした方の半数以上は途中で挫折してしまうのが現状です。

そこで、「自分ではなかなか続けられない」という方におすすめなのがYouCanSpeakです。


YouCanSpeakは瞬時に英語で話す訓練を繰り返すことで英語を話す力を感覚的に身につけるプログラムです。

YouCanSpeakでは「基本・変化・代入・合成」方式と英文を名詞化・副詞化する仕組みを感覚的に覚え、特定の単語や表現ではなく文章を自在に造り出す構造を身につけることができるのです。

例えば、

[box class="box19"]
彼らは早く起きる = They get up early.

それは体に良い = It is good for health.

早く起きること = Getting up early.

早く起きることは体に良いです = Getting up early is good for health.
[/box]

となります。英文を分割して名詞化・副詞化することで、組み立て方がすごくわかりやすくなるんです。

You Can Speakはインターネットにつながる環境であればどこでも学習できます。スマホでもできるので忙しい方でも通勤時間や隙間時間を利用して英会話の練習ができますよ。

無料で体験できるお試し版もあるので、興味のある方はぜひトライしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ウッチー

ウッチー

自称、かなりハードな英語オタク。英語好きは小学校に始まり、英語学習歴は20年以上。英語講師や翻訳の仕事経験あり。英検1級・TOEIC955点ホルダー。現在もノンネイティブで英語ペラペラを目指して英語学習を継続中!

-英会話

Copyright© やり直し英語ラボ , 2019 All Rights Reserved.