工業英検

私が工業英検2級の受験対策としてやったこと

更新日:

工業英検はなかなか情報がないので、これから受験する方に少しでも参考になればと思って、私の受験対策をまとめてみました。

私が工業英検2級対策としてやったこと。

それは、とにかく訳すということ。

受験を決めてから試験まで3か月しかなかったのですが、私はほとんど毎日日⇔英の翻訳をやりました。

この試験は翻訳がメインなので、訳すこと以外対策のしようがないと思います。

以下、私が受験のために購入した教材です。

私が工業英検対策のために購入した教材

普段から技術文書の英訳に慣れてる方の場合は、対策本や過去問以外やる必要はないと思います。私は英訳の経験がまったくなかったので、3冊やることで「技術英語とはなんぞや」みたいなことを理解できたような気がします。ただ、過去問だけだと量が限られるので、時間の余裕がある方はこういう本で英訳練習をするのもいいと思います。

それと英検1級に合格しているような方の場合は、わざわざ単語を覚えたりする必要はありません。辞書の持ち込みが可能だし、試験内容のレベルは辞書がなくてもguessで読み進めるくらいなので、単語の暗記などはせずに翻訳の練習をするほうが賢明です。

問題量が結構多いので、のんびり訳してると全然時間が足りなくなります。

毎日翻訳練習をすることで、訳すスピードも出てくると思います。

私も勉強を始めた当初よりずいぶんスピードがアップし、本番では終了20分前に解き終え、見直しをすることができたくらいです。

あと、異なる分野の問題から瞬時に選んで解かなければいけないので、自分が何が得意で何が不得意かということを自覚することも重要です。これは、問題をたくさん解いてるうちにだんだん分かってきます。途中まで解いて「この分野は苦手だから止めた」と、違う問題に移るなんていうのは時間の無駄ですからね。

「インフォメーション・ワード」については対策本でも説明がありますが、イマイチ理解できない・・・という方には工業英検1級対策―文部科学省後援がオススメです。この本は1級用ですが、その他のコンテンツも2級対策に十分使える内容です。

また、持ち込む辞書で悩む人も多いようです。私もその一人でした。

私が試験当日に持ち込んだ辞書

「辞書を引く時間がない」「ポケットタイプのものだけで十分」などという意見をネットで読んでいたので、大きくて値段の高いものは避けました。それでも技術関連の辞書は持っていきたかったので、以下の2冊を購入しました。

でも実際には、試験中に辞書を引く時間はほとんどありませんでした。両方とも数回引いた程度です。なので、あまり辞書に頼ろうと思わないほうがいいですね。

あと、要約問題は注意です。
要約問題だってことは分かってたはずなのに、実際試験になると忘れてしまうんですよね。全訳ではなく「要約をして、文字数を記入する」ということを忘れずに!

英検1級の元英語講師ウッチー
受験される予定の方、頑張って下さいね。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ウッチー

ウッチー

自称、かなりハードな英語オタク。英語好きは小学校に始まり、英語学習歴は20年以上。英語講師や翻訳の仕事経験あり。英検1級・TOEIC955点ホルダー。現在もノンネイティブで英語ペラペラを目指して英語学習を継続中!

-工業英検

Copyright© やり直し英語ラボ , 2019 All Rights Reserved.